<dl>
<dt style="font-size: 12px; margin-bottom: 6px">1: 名無しダイエット 2018/11/08(木) 11:24:53.05 0
</dt>
<dd style="margin-bottom: 18px">

no title

やせたいならフレンチドレッシングを選べ


■「和風」や「ゴマ」よりフレンチドレッシングが低糖質

 ランチでのサラダバイキング。さて、あなたはいつも、何ドレッシングを選んでいるでしょうか。

和風ドレッシング、ゴマドレッシング、フレンチドレッシング……ダイエット中なら、この中で選ぶべきは、どのドレッシングでしょう? 


 実は、この中でもっとも糖質が低いのは、フレンチドレッシングです。

一般的なドレッシングの100g当たりの糖質量は、フレンチドレッシング5.9g、和風ドレッシング15.9g、ゴマドレッシング17.1g程度です。

ゴマドレッシングとフレンチドレッシングを比較すると、糖質量は実に3倍近い違いがあるのです。


 ダイエットをしている方と食事をすると、和風ドレッシングなどを選ばれる方が目立ちます。

なぜですかと聞くと、「フレンチドレッシングはこってりしていそうだから、サッパリ和風ドレッシングにしました」と答える方が多いのですが、残念ながらそれは不正解です。


 ヘルシーなイメージの強い野菜にも糖質が多く含まれているため、サラダ自体、食べるべきか検討してほしいところです。

しかし社会人は付き合いもありますし、サラダを食べなくてはならないシーンもあるでしょう。

また、私の推奨するダイエットでは「理想体重に至ったら、増減2キロ以内なら糖質を摂ってもいい」というルールもありますので、野菜が好きな人は野菜を食べてもかまいません。


■「カロリーハーフ」や「ノンオイル」の糖質量は多い

 たとえば、カロリーハーフマヨネーズ。ダイエット中でなくても、ヘルシーなイメージから購入している人もいると思います。

しかしこのカロリーハーフマヨネーズ、実は普通のマヨネーズより「糖質量は多い」ことをご存じですか。

普通のマヨネーズの100グラム中糖質量が0.4グラム程度なのに対し、カロリーハーフは約4倍となる1.5グラムの糖質が含まれています。


 たしかにカロリーは半分になっていますが、カロリーを半分にするために脂肪分を減らしており、

それによって減ってしまううまみを補うために、糖質を増やしているのです。わざわざ調べなければ、味で気づくことはほぼ不可能でしょう。


 マヨネーズに限らず、「カロリーハーフ」や「ノンオイル」と銘打った食品ではたいてい同じことがいえますので、

むしろ普通のほうが「糖質は」低いと思っていいでしょう。糖質制限をするならまず「食品中の糖質量を知ろう」というのは、こういうわけです。


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181108-00026665-president-life




</dd>
</dl>



続きを読む



Source: ダイエットネタチャンネル






from 芸能人ダイエットアンテナ https://ift.tt/2PLHAVR

via IFTTT